Windows10初期化時のトラブル対応

Windows8→8.1→10(クリーンインストール)と代々アップグレードしてきたノートPCをWindows10で再び初期化することになった。

通常通り「設定」 >「回復」 > 「このPCを初期状態に戻す」から進めて、無事キレイになったWindows10が立ち上がってきた。とりあえずWindows Updateを行ったのだが、再起動したところでError Code: 0xc0000034 のブルースクリーンになり、Windowsが立ち上がらない状態に。BCD(ブート構成データ)の読み込みに失敗している様子。

Windowsが立ち上がる前の段階の問題なので、「回復ドライブ」を使用して修復できるかを試した。あらかじめ作成していたものを用いるか、別のWindows10のPCでUSBメモリに作成しておく。

回復ドライブUSBからUSBブートで立ち上げると、Windows セットアップの画面が出てくる。「今すぐインストール」の画面で「コンピューターを修復する」を選択し、「トラブルシューティング」の中でいろいろ試してみるが、何一つうまくいかない。どうにもならない状態だったので、現状のWindows環境を削除して新規インストールを行った。

ぼくんちのTV 別館 – Windowsがインストールできない場合の対処方法1」を参考に、回復ドライブUSBから立ち上げて下記を実施。

1. 今すぐインストール
2. カスタム: Windowsのみをインストールする
3. パーティションを全て「削除」
4. 「新規」より、回復、システム、MSR、プライマリのパーティションが作成され、「次へ」でWindowsのインストール

ここまできて、インストールが始まるが、最後のところで失敗する。DISKPARTでディスクをcleanをしても同じ。何故だ。

 
このやり方では埒があかないので、他の方法を考える。一つ見直すところが残っていた。UEFI(BIOS)の設定である。昔何か変えていた気がした(Fast Boot無効とか、Wake On LANを試したりという程度のはず)ので、初期状態に戻してみることにした。

そして再びWindowsのインストールを始めると、今度は最後までいき、無事完了した!
まさかこんなところでひっかかるとは。


PAGE TOP